『ボー・テルトル・サン・ジュリアン2007』

『ボー・テルトル・サン・ジュリアン2007』

☆今週限定!! スペシャルグラスワイン

Domaine de la Colline 価格1,000

産地  :フランス、ボルドー、サン・ジュリアン

生産者 :シャトー・デュ・グラナ

品種  :カベルネ・ソーヴィニヨン67% メルロー27% カベルネ・フラン6%

露骨に商業主義的なワイン、つまりやわらかで、あからさまに果実味があり、飲みやす過ぎるワインを生産していると言われてきたが、価格はリーズナブルで、ワインは葡萄の完熟感があり、つくりもきれいで、ボルドーの初心者には理想的である。ヴィンテージによってはジャムの様なワインになる傾向もあるが(例えば、1982年、1985年、1989年、1990年、1996年、2000年など)ふっくらしたワインなので試飲会ではいつでも多くの人に親しまれている様だ、最初の10年、出来れば8年目までに飲まなければならない。

 

☆クリスマスパーティー☆

クリスマスパーティー 12月24日 25日

12月24日(日)12月25日(月)は、
可愛いソムリエール達がセクシーサンタでお出迎え致します。
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
お楽しみに!!

『サンジョヴェーゼ・リゼヴァ‘13』

『サンジョヴェーゼ・リゼヴァ‘13』

☆今週限定!! スペシャルグラスワイン

Domaine  de la Colline  価格1,000

産地  :イタリア、 エミリア=ロマーニャ

生産者 :ウンベルト・チェザーリ

品種  :サンジョベーゼ100%

60年代初頭、ウンベルト・チェザーリは、20ヘクタールの畑をカステル・サン・ピエトロの丘に購入した。彼の名前の付いた会社を創立し、サンジョヴェーゼを素晴らしいワインに変え、その土地を象徴しながらも、世界中で愛されるワインを造るという人生をかけた冒険が始まった。ウンベルト・チェザーリは、この葡萄品種に着目した初めの人物の一人であり、世界レベルにまで葡萄の名前を広めた。

クリアで鮮やかなブラックルビー色をし、縁は若々しい紫色をしている。力強く融和したノーズは、スミレのニュアンスを持ち、コーヒー、カラメル、チョコレートの含みを伴う。

甘く熟したベリー類の核を持ち、がっしりとし融和したタンニンと、バランスの取れた酸味により支えられている。きれいに造られており、がっしりとした余韻の長い後味できれいに一体となる。

ロゴノーヴォ2013

ロゴノーヴォ2013

☆今週限定!! スペシャルグラスワイン☆

Domaine de la Colline 価格1,000円

産地  :イタリア トスカーナ

生産者 :ロゴノーヴォ Logonovo

品種  :サンジョヴェーゼ45%、メルロ36%、プティ・ヴェルド10%、シラー5%、サグランティーノ4%

陰影のある艶やかな香りはブラックチェリーや軽く煮詰めたブラックカラント、革、スパイスを思わせる。濃厚な果実を支える甘く熟したタンニンと樽由来のストラクチャー。パワフルだが質感は非常に柔らかく、エレガントかつ複雑。最初から最後まで素晴らしいバランスです。裏ラベルに『チンクエペルロゴノーヴォ』と記載されている通り、あえてD.O.C.G.ブルネッロを造らなかったからこそ生まれた5つの品種の一体感はこのワインでしか味わえません!ブルネッロの最高峰カステルジョコンドの広大な敷地内で発見された地所がロゴノーヴォです。この地にポテンシャルを見出したケラー夫妻が2003年に200haの敷地を買い取り、イタリア最高のエノロゴのひとり、ロベルト・チプレッソを醸造責任者に招いて醸造所を設立。詳細に地質調査を行ってブドウ栽培に最適な場所を割り出すなど数年がかりの入念な準備の末、選ばれたのは僅か10haあまりのパッリーナという畑。海抜300-350m、ルーチェの畑の南隣りにあり、西側に開けた緩やかな斜面には爽やかな風がよく通ります。

『メナージュ・ア・トロワ シルク』

『メナージュ・ア・トロワ シルク』

☆今週限定!! スペシャルグラスワイン

Domaine de la Colline 価格1,000

産地  :アメリカ、カリフォルニア

生産者 :メナージュ・ア・トロワ

品種  :ピノ・ノワール66%、マルベック18%、プティ・シラー16%

大昔、男達は東洋で一番貴重な宝、シルクを求め何千マイルも海や陸を超えていった。繊細でエキゾチックな肌触りの見事なシルクは、文字通り世界を変えた。ただ、ワインメーカーは、幸運にもシルクを求めてそこまではるばる足を運ばなくても良くなった。カリフォルニアのセントラル・コースト、ノース・コースト、ローダイ-デルタのアペラシオンで海の影響を受けた畑で、探求し続けた宝を発見したから。つまり、継ぎ目の無いチェリー風味のピノ・ノワール、ヴェルヴェットのように滑らかなマルベック、魅力的な深みを持つプティ・シラーを見つけたんだ。まるでシルクが流れるようなワインを夢見て、ブレンドし、ユニークな発酵法を用いて、繊細なテクスチャー、極めて滑らかでしなやかなタンニンを持つワインを造った。葡萄を低温浸漬し、優しく圧搾して、シルクのような完璧なワインに仕上げた。ワインの個性的な舌触りと風味をより強調させるため、ブレンドは甘く、スパイシーなフレンチとアメリカンオーク樽の樽香の含みで際立たせた。結果がどうなったって?今まで味わった中で何よりも滑らか、柔らか、シルクのようなワインができた。一口試すのに、何千マイルの旅をしてもいいくらい。

『イ バスティオーニ キャンティ クラシコ』

『イ バスティオーニ キャンティ クラシコ』

☆今週限定!! スペシャルグラスワイン

Domaine de la Colline 価格1,000

産地  :イタリア、トスカーナ

生産者 :コラッツィ

品種  :サンジョヴェーゼ80%、メルロー18%、マルヴァジア・ネッラ2%

テヌータ・イ・コラッツィはフィレンツェから約7キロ、トスカーナの名家フレスコバルディの会長ヴィットリオ・フレスコバルディの妻であるボナ・マルキ・フレスコバルディとカルロ・マルキによって1990年より運営されている。醸造総責任者は、ヴィットリオ・フレスコバルディとロバート・モンダヴィによって創設されたワイナリー“ルーチェ・デッラヴィーテ”の社長でもありカルロの甥にあたる、ランベルト・フレスコバルディが担当している。

ピリッとしたフレッシュな赤。レモンの皮、ドライチェリーの芳香と風味がする。フルボディ。ヴェルヴェットのような滑らかなタンニンを示し、噛み応えが有り美味

2017年11月16日AM0:00解禁!!

2017年11月16日(木)AM0:00解禁

ボージョレ・ヌーボー2017解禁!!

『ドメーヌ・ドゥ・ラ・カランド2017』

産地  :フランス、ブルゴーニュ

生産者 :ドメーヌ・ドゥ・ラ・カランド

品種  :ガメイ

DUPERRAY(デュプレイ)家所有。フランス革命以前からのシャトーとその所有畑を20数年前に購入。ドメーヌ名の「Calande(カランド)」は、長くシャトーのオーナーであったカランド伯爵の名前から。以前このシャトーでは、前フランス大統領のシラク氏の叔母が教師として務めていた。そのためか否かは定かではないが、シラク政権下では、この片田舎から、多くの国会議員や外交官が輩出されたことから話題を呼んだ「出世村」。ブルーイィの南、St-Julien(サンジュリアン)村内の2か所に自社畑を所有。標高約300m。33ha所有(約4haがボジョレー・ヴィラージュ)。樹齢80年以上の古樹もある。

『ドール“レゼルヴ デ ザドミニストラトゥール”』

『ドール“レゼルヴ デ ザドミニストラトゥール”』

☆今週限定!! スペシャルグラスワイン

Domaine de la Colline 価格1,000

 産地  :スイス、ヴァレ

生産者 :Câve Saint Pierre カーヴ・サン・ピエール

品種  :ピノ・ノワール 80% メガイ20%

 カーヴ・サン・ピエールは、南スイスのヴァレ・エリアではリーダー的存在。本拠地のシャモンソン村では2番目に大きいカーヴ。シャモンソン村は、ローヌの右岸側に位置する。ディレクターはクロード・クリタン。セラー・マスターは、ステファンヌ・ゲスト。

 濃いルビー色をし、縁は若々しい紫色の色調を持つ。魅力的で興味深いノーズは、スパイシーな含みを持ち、繊細なペッパーとストロベリーの香りが伴う。風味はフルーティー、調和しバランスの取れたボディー。柔らかくヴェルヴェットの様で、上質でシルキーなタンニンを示し、後味ではペッパーとオレンジピール(砂糖漬けの果皮)のニュアンスが伴う。

☆バニーガールDAY☆

11月11日(土)は、バニーガールDAYとなっております。

可愛いソムリエール達がバニーガールでお出迎え致します♫(*^_^*)

お楽しみに!!

『アントナン・ロデ サヴィニー・レ・ボーヌ‘99』

『アントナン・ロデ サヴィニー・レ・ボーヌ‘99』

☆今週限定!! スペシャルグラスワイン

Domaine de la Colline 価格1,000

産地  :フランス、ブルゴーニュ サヴィニー・レ・ボーヌ

生産者 :アントナン・ロデ/Antonin Rodet

品種  :ピノ・ノワール 100%

ベルトラン・ドヴィヤールが経営手腕を発揮しているアントナン・ロデ。品質が上がり続けているし、品揃えも様々な産地からの選りすぐりである。現代ブルゴーニュの典型的なスタイルと言えば、 赤は色がかなり濃く、新鮮な赤果実の濃厚なアロマがある。こうしたスタイルを築き上げるのに大いに貢献したのが、アントナン・ロデ社であり、またその優秀な醸造責任者ナディーヌ・ギュブランなのである。

1875年から続く歴史あるメゾンの蔵出し!

ベリー系の赤い果実の香りと熟成香のあるまろやかな赤。ほのかな酸味やタンニンのバランスが心地よく余韻も長めで熟したチェリーのニュアンス。